【達成率No.1】掲載手数料0円のクラファン>

ソーシャルグッドな
クラウドファンディング

FOR

めぐろ被災者支援

東日本大震災避難者の、目黒区民住宅追い出し820万円もの損害金請求をやめさせる

サポーター

めぐろ被災者を支援する会

現在の支援総額
¥229,000
目標
/
¥800,000
28%
支援者
34
残り
32

みんなの応援コメント

かな

2024年5月15日

この国はいつも何を誰を守っているのでしょうか。こんな風にきちんと立ち向かっている方々に敬意を表します。 本当にありがとうございます。

ユニオンフォーラム

2024年5月7日

控訴審、負けないぞ、がんばろうあ

FOR GOOD

プロジェクト実行者が支援金を全額受け取れるよう、支援者さまからのシステム利用料(220円+決済手数料5%)により運営しています。

プロジェクトの相談をする

5月11日「国際人権で生き抜く」原発事故避難者の人権保障を考える集会に参加しました。

2024/5/15 06:50

    

5月11日午後、江東区総合区民センターでの、「原発避難者の住宅追い出しを許さない会」の「原発避難者の人権保障を考える」集会に、めぐろ被災者を支援する会からも、共同代表・事務局各1名の2名で参加しました。会場は満員。裁判に意見書も出された、宇都宮大学:清水奈名子先生の1時間の講演、清水さんと柳原敏夫弁護士との対談を拝聴しました。国際人権規約で住宅追い出しに立ち向かえるのか。江東区の国家公務員宿舎しののめ住宅をめぐる裁判は、追い出しOKの地裁・高裁判決に対して、最高裁に上告中ですが、福島県は上告中にも関わらず、立ち退き強制執行を迫っています。

 清水さんの講演は、人権を守ることの本来的な大切さをとかれ、非常に感銘を受けました。めぐろ被災者を支援する会も、控訴審に向け、関連・先行裁判の学習を、阪神淡路大震災での災害復興住宅からの追い出し事件や、東日本大震災・福島原発事故での避難住宅追い出し問題なども含め、深めていきたいと考えています。

 控訴審に向け、控訴のための裁判費用・弁護士費用のクラウドファンディングを5月中を第1時締切としてお願いしています。まだ目標額の3分の1程度の状況です。みなさまのご支援をよろしくお願いいたします。

このプロジェクトを支援する

リターンを選ぶ

3,000

めぐろ被災者を支援する会パンフレット

めぐろ被災者を支援する会が作成したパンフレット 
・被災者のメッセージ
・タイムラインにみる「避難者支援のはずが、追い立てに」 
・目黒区に問われる4つの課題
など収録

支援者4人

お届け予定2024-05-31

5,000

上記パンフレット+マスコミ報道抜粋集

めぐろ被災者を支援する会作成パンフレットにくわえ
裁判や区長要請、区議会陳情などの取組が多数、新聞雑誌の記事になりました。
その抜粋を1部にまとめたものを今後作成します。

支援者8人

お届け予定2024-05-31

2,000

気軽に応援プラン

めぐろ被災者支援の会より、今後メールなどで、会の活動を連絡させていただきます。
連絡不要の場合は、お知らせください。

支援者8人

お届け予定2024-04-30

10,000

会の交流・学習会ご招待 2024年6月

めぐろ被災者を支援する会は、結成総会の場から3回の学習会を行ってきました。
2024年6月、控訴審に向けての学習会を企画中で、開催が決まりましたらご招待いたします(オンライン参加も準備中)。裁判上の争点整理や、「住まいは人権」のテーマで災害復興住宅の問題などを学ぶ場としたいと思います。

支援者5人

お届け予定2024-05-31

20,000

上記+会事務局メンバーから著作・作品など

めぐろ被災者を支援する会パンフレット・マスコミ報道抜粋集・会の学習会ご招待に加え
会事務局などメンバーから、著作・作品・記念品などを1品追加。会には元大学の先生や作家、元労組委員長や居住支援運動ボランティア、生協活動や住民運動メンバーなど多彩な、また様々な趣味を持つメンバーが多数。各自から1品を記念にどうぞ。

支援者1人

お届け予定2024-06-30

10,000

かげながら応援しますプラン

匿名希望など、立場上など応援のみのご希望の方へ。めぐろ被災者を支援する会からのご連絡などは行わず、支援のみありがたくお受けします。

支援者9人

お届け予定2024-04-30

このプロジェクトを
応援するために、もう一つできること

For Goodは、
みんなでより良い社会を目指す
クラウドファンディングです。

FOR YOU

あなたにおすすめの
プロジェクト