【達成率No.1】掲載手数料0円のクラファン>

ソーシャルグッドな
クラウドファンディング

「耕作放棄地を公園であり農園に」子どもと一緒につくる遊び場へ

サポーター

農地所有適格法人 株式会社苗目

SNSでシェアする
プロジェクトの相談をする

着々と進めています

2024/2/10 08:43

耕作放棄地となった土地を藪にする篠竹。道路を走っていてもすぐ横まで侵略してきているのをよく見かけます。

公園外周の柵を作るのに適した素材・手法は何か。同時に何か問題解決に結びつき、柵を作るという目的意外に何かできることはないかを考え、篠竹を使おうと考えた。前職からお世話になっている植木職人に相談して、よく土留めとして使うやり方を使った。

まずは篠竹の刈り取り。軽トラックに10台近くの竹を刈っては運ぶ。とは言え現場のすぐ近くでも調達できる。

その前にまずは丸太で作った杭を1mスパンで打ち込み。もちろん地元の杉で。

この杉に杭に丈を絡めていく。お互いが反発して強固になるように交互に。

それを繰り返し柵を作っていく。

この方法は地面に近いところから自然に還っていくし、痩せたり減っていったらどんどん追加していくことですこしづつ藪の整理も持続できる。

篠竹で作ったベースがあれば剪定枝や取り除いた蔓も柵の材料として足していくことも可能。

そしてコスト的にも優しい。杭打ちは大変だけど。。。

開園した後も継続的に竹や枝、花でもを足しながら子供達も一緒に日々変わる柵を維持していきたい。

このプロジェクトを支援する